肛門淋病感染症
肛門を含めた人体の図解

淋病は性器にのみ発症する疾患ではありません。肛門にも感染する可能性があります。

肛門に淋病が感染する経路

淋病とは、淋菌という細菌によって発症する性感染症です。
この細菌に感染すると、きちんと病院に行き治療しない限り、繁殖をし続け重症化する恐れがあります。
女性はあまり症状があらわれない場合が多く、感染していることに気付かないことがあります。
一方で男性は感染してしまうと、尿道炎が起こり、それにより激しい排尿痛がおこります。
そのほかにも症状がひどくなると、膿が出ることもあります。

淋病の感染の原因は主に性交だと言われています。
淋菌に感染している方から他の方に、体内から体内に感染します。
男女ともに性器、口内、肛門に感染します。

口内感染の場合は、口腔性交を行った場合におこります。
口内で感染した場合、淋菌性咽頭炎になり、喉の痛みや熱を伴う症状があらわれます。

また、肛門に淋病が感染する経路としては、オーラルセックスが原因だといわれています。
いわゆる、肛門性交のことで、性器から肛門へ、肛門から性器へと体内から体内へ感染をしてしまいます。
肛門に感染してしまった場合、直腸に感染をし、不快感や違和感を与えたりします。
また、肛門近くの皮がむけたり、直腸から分泌液がでてきて、便を出す際に便と一緒に膿がでることもあります。

これらを防止するためにも、自分の状況を理解し、性交する際も避妊器具を用いること、または自分が淋病にかかっている場合は、絶対に性交をしないことが望ましいでしょう。