肛門淋病感染症
肛門を含めた人体の図解

淋病は性器にのみ発症する疾患ではありません。肛門にも感染する可能性があります。

淋病は放置が最も危険

淋病とは、淋菌という菌の感染により起こる感染症で性感染症や性病に位置づけられているものです。
淋病は感染してから一般的に2日から1週間程度の潜伏期間があり、その後に男性の場合は淋菌性の尿道炎、女性の場合は子宮頚管炎などを引き起こす事で、症状を実感する事になります。
主な症状としては、排尿時に焼けるような熱、痛みを感じたりしますが、これは男性により顕著に出る症状で、女性の場合は症状を感じなかったり膀胱炎などと勘違いされてしまうケースも少なくないです。
淋病は泌尿器科などで治療を受けることになりますが、抗生物質などの内科的治療を行います。
治療は個人差があり、短期間で終了する人もいればなかなか治りきらない人もいますが、治し切らずにいると菌が再び増殖してすぐに再発してより一層治り難くなるので、医師の指示に従ってしっかりと治し切る事が重要です。
淋病を放置するとどうなるかですが、淋病は放置が最も危険になっています。
男性の場合は、副睾丸炎を発症してしまうと、精管を狭めて精子の通過障害になったり不妊症の原因になったりします。
女性の場合は、不妊症や子宮外妊娠、出産した子供が失明する可能性もあります。
また、菌が全身に回り関節や、肝臓、心臓の内部が感染する心内膜炎になる場合も有る非常に怖い病気なのです。