肛門淋病感染症
肛門を含めた人体の図解

淋病は性器にのみ発症する疾患ではありません。肛門にも感染する可能性があります。

淋病に最適な治療薬

淋病は、オーラルセックスなど、フェラチオ・クンニリングス・リミングなどの性行為によっても感染する病気の1つです。
淋病の症状としては、性行為の後、尿道にかゆみが生じたり、尿道口周囲がベタついた症状が出始め、症状が進行すると尿道口に黄色いウミが出てきます。
さらに、排尿する際に痛みを伴う場合もあり、こうした症状が出始めた場合には、淋病であることが考えられるので、専門クリニックで相談・検査をする必要があります。
女性の場合、子宮頸管から感染し、子宮頸管炎を起したり、骨盤腹膜炎・子宮外妊娠・不妊症の原因にもなり、クラミジア感染症との重複感染も考えられるので早期治療が必要です。
細菌の発育速度が速いので、一般的には治療で即効性の高い注射薬を用いることが多く、セフトリアキソンとよばれる静脈注射による治療が進められています。
が、しかし、淋病に最適な治療薬には経口摂取による治療薬も数多くあり、例えば、アジスロマイシンは、多くの専門クリニックで処方されている安心・安全な治療薬となっていて、女性に多いクラミジアとの同時感染の場合にもこのアジスロマイシンによる治療薬が処方されます。
その他、症状の度合いによってクリニックでは的確な治療を行ってくれ、パートナーとともに受診することもポイントの1つです。