肛門淋病感染症
肛門を含めた人体の図解

淋病は性器にのみ発症する疾患ではありません。肛門にも感染する可能性があります。

淋病と膠原病と病について

膠原病は炎症のトータル名称であり、全身の皮膚とか血管、関節とか筋肉に炎症が起こります。膠原病は原因がわからない関節の痛みとか、発熱などの症状があります。膠原病は男性よりも、女性によく見られる病状でもあります。年齢層としてみると、割と若い女性にもられることがあります。原因不明の発熱として発見されたりします。遺伝的なものだけで発病するものではありません。発病となる時には、なにか環境因子が重要となってきます。寒い時期に風邪をひいて、それが引き金となることもあります。紫外線を浴びたことで、病気を発病するケースもあります。アルコールや喫煙、食事メニュー等とは関係はないとされています。

淋病の症状としては、オーラルセックスも含む性行為の後に、数日してから異変を感じ始めます。淋病にかかると、尿道にムズムズ感を感じるようになり、かゆみも生じるようになります。淋病の症状が出てくると、尿道口のまわりにベタつきを感じやすくなったり、下着を汚してしまうこともあります。白い色や黄色い色の膿が出るようにもなってきます。排尿の際には痛みを感じやすくなりますし、膿のようなものが出ることもあります。おかしいなと感じたら検査をして、できる限り早い時期に治療をすることです。

周りの歯相談しにくいのは、性病のことですが、検査キットなどを使用することで、こっそりと自分でも検査をすることができます。初期段階の検査ですから、検査でなにか反応が出たら、クリニックなどできちんとした検査をするようにしましょう。性病検査キットにも種類がありますから、適したキットを利用して検査をしてみることです。のどに感染していることもありますから、検査はのども必要です。